プログラミング教育必修化について思ったこと

投稿者:

先日TVをみていたら2020年に、プログラミング教育必修化されるということで、話題となっています。こちらのプログラミング教育の必修化ですが、私の家にも子供がいますので、気になってニュースでもみてしまうことが多いです。

プログラマーが現在は不足しているということもありますし、今はインターネットがこれだけ普及している世の中ですので、必修化されるのも時間の問題であると思っていました。しかし、プログラミング教育を必修化するというのはどうなのかなと思います。

なぜなら、プログラミングというのは、今まで専門的にしか学ぶことが出来なかったので、教える人材が限られているのではないかと思うからです。特に小学生の生徒に教えることが出来る人材というのは限られていますし、教えることが出来たとしても、生徒全員がきちんと理解できるように指導できるのかどうかと言うのは疑問に思います。大人でもプログラミングは難しい部分がありますので、そのあたりをどう対処するのかなと思います。

また、プログラミングの授業が必須になると、テストなども行われますし、さらに教科の成績などもつくと思います。プログラミングはその職業に就かなければ、あまり基礎学力とは関係がないものですので、これに成績がついてしまうというのはどうなのかなと思ってしまいます。プログラミングというものは、学校の勉強とはまた別の能力が必要となります。それなのに、他の算数や国語と同様に、高い成績やテストでの点数などを求められてしまうのは子供たちにとって酷なのではないかと思ってしまいます。

プログラミングを必修化するというよりも、選択授業で選ぶ事が出来たり、オプション的な感じで学ぶことが出来る…という方が、子供の教育にとっては良いのではないのかなと思います。必修として学ばなければいけないというものよりも、自分で自ら学ぶことが出来るという法が子供の意欲がわくと思うからです。

そんなこともあって横浜市プログラミング教室で調べてみたらけっこういっぱいあるんですね。子供ばかりでなくもう社会人の私たちでも必要なスキルになりつつあるような気がします。

プログラミング教育必修化には複雑な気持ちがありますが、今後を考えると必要となるスキルなんでしょうね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください